札幌ので口コミや評判の高い全身脱毛サロンはココ!

未成年対象の脱毛プランがある札幌界隈のサロンの選び方のポイント3つ

    

未成年者の脱毛について
 

最近は中学生でも母親が自分のお子さんのために脱毛をプレゼントするというケースが増えています。
早ければ早いほど良いと言われている脱毛ですが、最近は脱毛サロンでも未成年対象の脱毛プランが増えています。
そこでここでは札幌界隈にある脱毛サロンで、未成年対象のプランを展開している場合の利用方法についてご紹介します。
サロンを選ぶ場合に何に注意すべきなのかを解説します。

 

多くが15歳以下はNGにしている理由

大手の脱毛サロンや全国展開しているサロン、小規模でも脱毛専門のサロンの多く15歳以下はNGとしているところが多いようです。
多くのサロンでは15歳以下の小学生や中学生は親の許可があっても脱毛できないようにしています。
その理由自己処理や肌ケアといった美容の知識が浅い、皮膚が大人になりきっていないので光脱毛などの刺激に弱いといったことがあるようです。
つまり成長しきっていない、生理を迎えていないので大人になりきる前の肌に刺激がよくないという意味のようです。
ただしエピレといった脱毛サロンなら子供脱毛の知識やプランが豊富なので一概にダメとは限りません
子供脱毛はノウハウを持っているので、そのようなところに相談してみるのも一つの方法です。
ただ多くのサロンが未成年というと16歳(または遅生まれの方なら15歳の可能性もあり)以上の高校性から19歳までとしています。
多くが両親の承諾が必要です。
それがないサロンは少し考えたほうが良いでしょう。

必ず親権者の同意が必要な理由

10代といっても大学生や短大生、専門学校生が脱毛するのと、高校生が脱毛するのは少し違いがあるかもしれません。
10代というくくりがひとまとまりになっていますが、選挙権が18歳以上になることもあり、多少未成年でも幅があるようです。
未成年が脱毛を受ける場合、必ず親権者(法廷代理人)同意書が必要になります。
またはカウンセリングを受ける時に同席する必要があるサロンもあります。
どうしてこんなに厳しいのかというと、トラブルが起きた時に未成年だけでは解決できないという判断があるからです。
10代の女性は社会的にも法的にも大人という判断がされていないということです。
親の同意書がある、同席を求めるサロンはきちんとしているサロンだと言えますし、またトラブルがゼロでないことを示しています。
それを事前に伝えてくる脱毛サロンのほうが信頼できます。
例えば札幌の脱毛ラボなども同意書が必要になります。
同様にミュゼプラチナム(札幌店)も同様に親の同意書を必要とします。
このような取り決めがきちんとある脱毛サロンを選ぶようにしましょう。
トラブルが起きてからでは遅いからです。

同伴が必要か・同意書のみ・電話確認も有りの3つが主流

7歳からのキッズ脱毛があるサロンはエピレです。
ここは親子割りなども有り、子供脱毛に積極的です。
多くのサロンが最初の契約に同伴を必要とする(契約の際も同伴させる)か、同意書を用意させる(親の捺印有り)か、電話確認有り(同意書も必要)の3つのパターンが存在します。
いずれにしても未成年の場合は確実に親の同意が必要ということになります。
ただしキレイモ(札幌店)でも学割プランがあり、年齢制限していません。
銀座カラーの全身脱毛は18歳以上からで同意書のみでOKです。
このように多くの札幌の脱毛サロンは同意書のみで16歳以上の未成年の施術が可能になっています。
それぞれサロンでは未成年の扱いが若干違いますが、多くが同意書を持参することで解決しています。
いずれにしてもサロン側が未成年受け入れのきちんとした考え方を表明しており、かつ学割やキッズプランなどが完備されている経験のあるところを選んだほうが良いということです。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件