札幌ので口コミや評判の高い全身脱毛サロンはココ!

脱毛前後は飲酒しても大丈夫?脱毛と飲酒の関係

    

脱毛前後は飲酒しても大丈夫?脱毛と飲酒の関係

毎日仕事終わりに楽しみにしている飲酒、女性同士飲み会へ行って楽しいひと時を過ごすのが最近の楽しみという人もいるのではないでしょうか?
特に成人したばかりだつ、仲間と飲むお酒が楽しくて仕方がないという人もいるかもしれません。
しかし、この飲酒が脱毛に影響を与えることをご存知でしょうか?
ちょっとくらい大丈夫という軽い気持ちが、のちに大きなトラブルへつながることもあります。

 

 

脱毛前後に飲酒をするとどうなるの?

〇まず脱毛前に飲酒をするとどうなるのでしょうか?
★1つ目は施術中に体調が悪くなることがあります。
お酒を飲んで酔った状態で脱毛をすると、気持ち悪くなる可能性もあります。
エステサロンには不特定多数の人が来るわけですから、脱毛サロンで嘔吐されると他のお客様にも迷惑がかかる上、デリケートな機械もあります。
故障の原因人もなるので、マナー的にも余り宜しくありません。

★2つ目はアルコールが入ると血行が良くなるのでお肌が火照っている状態になります。
この火照った状態でレーザーをすると、いつも以上に熱や痛みを感じてしまう事もあります。
お肌がデリケートな人はかゆみの原因となり、御肌を掻いてしまうと傷跡の原因になります。

 

では脱毛をした後に飲酒をするとどうなるのでしょうか?

★1つ目は肌に熱がこもりかゆみが起こります。
飲酒をして血行が良くなるとかゆみを感じやすいです。
飲酒をしなかったとしても脱毛をした当日は肌がデリケートな状態ですから、余計に敏感になってしまいます。

★2つ目はせっかくの脱毛効果が落ちてしまいます。
サロンで脱毛をすると肌は敏感で乾燥状態になります。
お酒を飲んで脱毛をすると、いつも以上に乾燥してしまうので、脱毛の効果が半減してしまいます。
多くのサロンでは脱毛をする前や後で禁止事項が書かれていますが、お酒もその中に含まれています。

〇脱毛前後とは一体どれくらい空ければいいのでしょうか?
これについては個人差がある為、サロンでもはっきりと何時間開けましょうとはいえません。

〇禁止事項
お酒は基本的に脱毛をする前の日と当日が禁止されています。
脱毛の前日にムダ毛の前処理をしますが、シェーバーで剃ることも禁止されています。
シェーバーで剃ると肌表面の皮膚を削ることから、炎症や痛みが出やすいのです。
飲酒も同様で、ちょっとくらい大丈夫だろうという気持ちで飲んでしまうと肌トラブルになってしまう原因になってしまいます。

 

楽しいお酒も脱毛前後だけは我慢しましょう

仲間と飲むお酒は楽しいです。
仕事を忘れて楽しい会話に花が咲くので、脱毛前日ということを忘れてついつい飲んでしまう人もいます。
しかし、脱毛前日や当日に飲酒をしてしまうと、肌トラブルが起こらないとは限りません。
元々脱毛をした後はデリケートで、入浴も控えてシャワーにしたり、保湿をしっかりすること、血行を促進するような激しい運動は禁止されています。
私はお酒に強いから絶対大丈夫と思って脱毛を受ける人もいますが、確かにお酒が強い人は体内でのアルコールに対する代謝は早いのかもしれません。
ですが、だからと言って「絶対」なにも起こらないとは言えません。
その日の体調もありますし、血行が良くなっている状態には変わりはないので、万が一に備えて控えましょう。

〇迷惑行為で弁償なんてことも
特にお店の中での嘔吐は大人としてマナー違反です。
衛生環境を第一に考えている店舗として、店舗でアルコールによる嘔吐は迷惑です。
臭いも残りますし、吐しゃ物の処理もしなくてはいけない、機会に吐しゃ物がかかってしまった場合消毒も必要で、直接かかってしまった場合はその機械はもう使えないので、弁償になるので気を付けましょう。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件