札幌ので口コミや評判の高い全身脱毛サロンはココ!

脱毛サロンの返金制度とは?適用条件などを解説

    

脱毛サロンの返金制度とは?適用条件などを解説

 

脱毛サロンは最近では気軽に月額制で利用できるところも多くなりました。
ただしトータルで考えると脱毛は決して安い買い物ではないはずです。
そこで心配になるのが、合わなかった場合に途中で解約できるのか、返金制度があるのかという点です。
ここではそんな脱毛サロンの返金制度や解約条件について解説します。
札幌でもどこでも全国でチェーン展開する脱毛サロンなら同一の契約です。
最初に目的のサロンと契約する前にぜひ一度ご覧ください。

 

誰でも起こる途中解約という現実

ツルスベの肌を目指して夢あふれて脱毛サロンに行ったのに、思ったように効果が無い時どうしますか?例えば脱毛効果を実感できない、そもそもサロンや接客態度が気に入らない、他のサロンに行きたくなった、体調を崩して通えなくなった(何か別の都合で通えなくなった)といった理由があるかもしれません。
契約した時は想像しなかったことかもしれません。
最初カウンセリングを受けた時や契約した時には考えてもいなかった「解約する」という事実はサロンによっても対応が違います。
最初に契約するときに必ず説明されるはずですが、自分でも解約条件や返金については知っておく必要があります。

脱毛サロンによっても返金制度が違うので注意

ミュゼプラチナムという脱毛サロンは美容脱毛完了コースなら契約から1年以内なら全額返金してくれます。
その時違約金や解約手数料は発生しません。
補足しておきますと、中途解約すると解約手数料や違約金が発生することがあります
またフリーセレクト美容脱毛コース(またはセットコース)は最後に施術してから1年以内なら使っていない分のお金が返金されます。
一方でキレイモは月額定額プランというもので施術を受けた場合は2か月以上継続していればいつでもやめることが可能です。
その場合でも違約金や解約手数料、返金はありません(月額なので)。
いつでも辞められるとは言うものの、1カ月前までに解約手続きをしないと翌月も引き落とされるので注意が必要です。
また一括して支払うパックプランという方法もキレイモでは存在しますが、この方法も2回まで施術した以降なら解約可能です。
ただし解約手数料が発生するので注意が必要です。

複雑な返金制度がある脱毛サロン

複雑だからといってそのサロンが悪いわけではありません。
それは理由があるからです。
つまり月額が安い場合や月額制度のコースが複数ある場合です。
例えば脱毛ラボについて見てみます。
脱毛ラボにも月額制があります。
月額1,500円から通えるコースは最低申し込み期間が14カ月、9,980円のコースは3カ月、23,000円は2か月と決まっています。
これらの月額の金額が高い理由は短期間でどれだけ回数を消化するかの違いです。
一番料金が高いコースはスピードコース、安いコースはまったりコース(ゆっくり時間をかけて脱毛する)です。
月額のコースによっても申し込みの最低期間が違うので注意が必要です。
ただし必要回数を超えていればいつでも解約が可能です。
逆に言うとこの期間まで施術しないと(支払わないと)サロン側も損になるということです。
いずれも違約金と解約手数料はかかりません(期間を超えていたら)。
そしてパックプランでも違約金はありませんが、解約手数料が未消化分の10%(ただし上限は2万円まで)、返金はその残りとなります。
またその場合でも必ず最低2回は施術してからでないと、解約ができませんので注意が必要です。
最初から解約目的で契約する方はいません。
でも予想しないことで解約しなければならないこともあります。
そんな時に慌てないように、最初の契約の時に解約で生じる返金や契約の縛りがどの程度のものかをよく知っておきましょう。
ここでは複数の代表的なサロンしかご紹介していませんが、脱毛サロンごとに返金制度や解約期間が異なります。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件