札幌ので口コミや評判の高い全身脱毛サロンはココ!

VIO脱毛はするべき?痛みは?

    

近年多くの人が関心を持ち実際にトライしているVIO脱毛には、処理をやるだけの価値があります。

皮膚が薄くて弱い場所であり、尚且つ色素沈着もあるので若干刺激は強めですが、我慢ができないレベルではありません。

 

 

 

 

衛生的にデリケートゾーンを維持しやすい

脱毛といえば脇だけとかビキニラインだけといった、気になる箇所だけを処理することが定番だったひと昔前とは違い、現代を生きる女子たちの大半は全身をムダ毛のないスッキリボディにしたいと考えています。

ムダ毛のないツルツル肌は、デリケートゾーンにも望むことであり、VIOもスッキリとされるのがポピュラーになっています。

実際に脱毛はするべきなのか、一度処理をしてしまったら元には戻らないことを考えると、初めての人などは特に躊躇をしがちです。

女性にとって美容ケアの一環としても脱毛と向き合う人が多いですが、アンダーヘアもきちんと脱毛をすることで、衛生的に保ちやすくなります

複雑な構造のデリケートゾーンは、皮膚も黒ずみやすくて太くて濃い毛が密集をしている部位です。

常にショーツなどで覆われていて、通気性の悪さから蒸れやすいパーツでもあります。

体毛には生理の際の経血や、普段のおりものなどが付着をすることもあるので、雑菌もその分繁殖をしやすくて不衛生になりやすいです。

脱毛をすることで体毛がなくなれば、デリケートゾーンは常に清潔を維持しやすくなります。

 

デリケートな部位だけに痛みはあるものの対応策も豊富

ビキニラインは希望のデザインで残すこともできますから、IラインやOラインのみツルツルにするなど、VIO脱毛は相談の上で希望に合う処理をすることが可能です。

全身のムダ毛処理に対応をするクリニックやサロンが大半ですが、デリケートなパーツだけに痛みが伴います

最も我慢できるのはビキニラインであり、次に痛いものの狭いパーツで数ショットで終わるので、Oラインも乗り越えることはできますが、Iラインはある程度の覚悟が必要です。

理由は他の部位よりも粘膜に近くて、色素沈着をしっかりとしているためであり、ワンショットだけでも目が覚める痛みを感じます。

しかし絶対に無理なレベルではないですし、毛量も減っていきスキンケアをしっかりして黒ずみも穏やかに改善していくことで、最初のころのような強い刺激を感じることはありません。

エステであれば出力設定を低めにしたり、冷却ジェルを足したり、休憩を入れるなどの対処ができます。

クリニックならばこれに加えて、麻酔を使用することが可能です。

太い輪ゴムではじかれるレベルの刺激ですが、対応策は色々用意されています。

 

自己処理が楽になり美肌効果にも貢献することに

冬の間はお手入れなど一切しないデリケートゾーンでも、夏になれば海やプールの季節なので、水着のためにもムダ毛の処理をしないわけにはいきません。

しかし実際に自己処理をしてみると、構造が複雑で処理には手間暇がかかりますし、皮膚が大変薄いだけに傷でもつけてしまったら大変です。

何度もカミソリ処理をすることで、皮膚は荒れやすくなるばかりか、慢性的な炎症は余計に皮膚の色素沈着をひどくしてしまいます。

前向きに検討をしたいのがVIO脱毛であり、完了をすることでもう自己処理をする必要がありません。

常にカミソリやワックスに毛抜きで刺激を受けていた皮膚は、自己処理不要となり炎症も治まりますので、皮膚の状態も回復へと向かいます。

保湿ケアをしながらの処理ですから、皮膚の新陳代謝も順調になり、カミソリもあてませんので皮膚の黒ずみも明るさを取り戻しやすいです。

顔だけではなくデリケートゾーンにとっても、処理は美肌のためになるケアでもあります。

 

結論から言うとデリケートゾーンの脱毛にはそれなりの痛みがありますが、VIOはやっておいて損はありません。

痛みが強いのは最初のころであり、毛量が減り皮膚も回復し始めれば、最初ほどの痛さはなくなりますし、何よりも脱毛完了後は自己処理も軽くなり、肌もキレイになります。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件