札幌ので口コミや評判の高い全身脱毛サロンはココ!

脇脱毛当日の制汗剤に注意!札幌の脱毛知識

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/09/10
    

ムダ毛が気になる部位としてトップのワキは、札幌での脱毛でお悩みは解決です。

当日は制汗剤の使用には注意が必要であり、汗やニオイが気になる人も使わないで来店をします。照射をしても十分な効果が発揮できなかったり、皮膚トラブルを起こすこともあるためです。

毛穴の詰まりで効果を半減させてしまうことに

ワキ脱毛なら札幌の優良なサロンでの施術が向いていますが、予約をした日に制汗剤を使用していくのは基本的には禁止です。

配合成分のメインはデオドラント成分であり、皮膚に使うことで毛穴にその成分が入り込みます。毛穴が詰まるため丁寧に照射をしても、効果を十分に発揮することができません。黒いメラニン色素に反応をするはずが、十分に毛乳頭まで熱が届かないためです。

刺激が弱いと強い毛乳頭は活性化をして、さらに濃いムダ毛が生えてくることもあります。発汗を減らしてニオイを抑えるのは、クロルヒドロキシアルミニウムですが、毛穴に成分が入り込みやすいです。

細菌に働きかけるのは塩化ベンザルコニウムですが、効果に関しては若干強すぎるといった指摘もあります。常在菌にも同じように働きかけるため、皮膚を弱くさせてしまう可能性も隣り合わせです。

敏感過ぎる肌には低出力での照射になりますが、あまりにも弱いパワーだと脱毛の結果もそれに比例します。ニオイのもとの菌へ作用をする銀含有ゼオライトですが、皮膚の常在菌にもアクションを起こして、守る役目の大切な細菌を消し去ってしまい肌を弱くさせるのも問題です。

弱い皮膚に使うには刺激の強すぎる成分

なぜ札幌で脱毛をする時には制汗剤は使わないことがルールなのかですが、光の照射により皮膚のトラブルを起こすことがあるためです。黒いメラニンへの反応を起こして毛を減らす方法ですが、高い熱変換を連続で行うので、ある程度の肌への負担は避けることができません。

サロンでは極力素肌の健康状態を守るためにも、必要に応じて冷却ジェルを塗布したり、保冷剤で患部を冷やすなどして、負担軽減への処置も怠ることがないです。それでも肌へのダメージを無くすことはできないので、施術をした後にはほのかに赤みが出たり、乾燥を感じやすくなることはあります。

とてもデリケートは肌状態ですが、様々な強い成分配合の制汗剤は、敏感な皮膚には強すぎる存在です。防腐剤や抗菌剤に香料、収れん剤などの刺激性成分を含むので、施術を受けた後の使用も控える必要があるでしょう。一時的にとても弱くなった皮膚に使用をすると、成分の影響で赤みやかゆみが生じるなど、思わぬ肌トラブルを招きやすいです。

汗をかいたらハンカチなどですぐに拭き取ること

制汗剤使用禁止は札幌での脱毛をするにあたり、守るべきルールのひとつです。でも使えないとなると発汗やニオイ対策に困りますが、他の方法で対処をすることができます。

発汗の多さが気になる時は、脇汗パッドを使用すれば問題解決です。衣類に貼れるタイプと肌に貼る対応がありますが、皮膚への負担も考えると、洋服に貼れるパッドでの対処が安心できます。

気になる臭いはそもそも発汗後に、生乾きをすることで細菌が増加して、その結果として臭いが発生する仕組みです。ハンドタオルやハンカチ、ティッシュなどを使用して、発汗時にはすぐに拭き取るようにします。

刺激の強い成分を含むデオドラントシートは、使用を控えることも必要であり、パウダールームやトイレで汗は拭きとることです。気温が上昇する真夏の時期であれば、着替えをカバンに入れて持ち歩くこともできます。夏の衣類は薄手であり、季節的にもトップスは持ち歩いても、さほど荷物にはなりません。衣類の素材や色を工夫することで、汗ジミへの対策をすることもできます。

 

毛質もしっかりしていて存在感のあるムダ毛密集をするワキは、札幌での脱毛で悩みを解消できますが、制汗剤を使うのは控える必要があります。でも汗を吸い取るパッドを服に貼ったり、すぐに汗を拭きとるなどの対策で、制汗剤が無くても意外と大丈夫です。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件