札幌ので口コミや評判の高い全身脱毛サロンはココ!

脱毛の施術は痛いって本当?痛みの原因と脱毛後のアフターケア

    

脱毛の施術は痛いって本当?痛みの原因と脱毛後のアフターケア

今まで自己処理をしてきたが毎回やるのは面倒、これから夏に向けてもっと本格的に脱毛を始めたいという人もいるでしょう。
肌が弱い人にとって自己処理は肌トラブルの元で、無理に抜いたり剃ったりすることで、肌へ大きなダメージを与えます。
そのまま無理にやり続けると、かゆみや炎症になることがあり皮膚科へ受診しなくてはいけません。
このような肌トラブルを防ぐためにも脱毛サロンでしっかりと脱毛をしましょう。
サロンで主流となっているのは光脱毛で、光脱毛は痛みはなく安全にできるということで、女性だけではなく男性からも人気があります。
ですが、こんな安全で痛みの少ない光脱毛でも、痛みを感じることがあります。
では、なぜ痛みを感じるのでしょうか?

 

肌が乾燥すると痛みを感じやすい?

痛みの感じ方には個人差があります。
例えば同じ腕脱毛をしたとして、痛みもなく肌に全くトラブルを感じない人も居れば、痛みを強く感じて赤くなってしまったという人がいます。

〇痛みがあるとそれだけ脱毛効果は高いのか?
そういうわけではありません。
痛みを感じやすいヒトは、御肌の水分量が違います。
お肌の水分が高い人はお肌のバリア機能も充実し、光を当てても痛みを感じません。
脱毛をした後も特に肌が荒れるわけではなく、ムダ毛もするする抜けてきます。

 

では痛みを感じやすい人の肌はどうでしょう?

痛みを感じやすい人は乾燥しています。
肌の内部も乾燥状態です。
乾燥していると肌のバリア機能が低下しているので、痛みを感じやすく、施術した後も赤くなり易いです。

 

では、脱毛をする当日に保湿をすればいいのか?

そういう訳ではなく、その日に保湿をしても肌の表面は潤っても内部は乾燥をしています。
表面だけ潤っても、痛みが軽減されるわけではありません。
痛みを感じやすい部位とそうでない部位があります。
デリケートゾーンは粘膜付近なので痛みを感じやすいです。
デリケートゾーンは毛も太く、ムダ毛が太いと痛みを感じやすいです。
デリケートゾーン以外にも脇や髭は痛みを感じやすいです。

〇痛みを感じてしまった場合
まずは患部を冷やします。
冷やすことで炎症や痛みを抑えられます。
直射日光も肌の刺激になります。
直射日光を浴びると皮膚が更に熱を持ち肌にダメージを与えてします。

 

脱毛後はアフターケアが大切

・脱毛をした後の肌はデリケートです。
施術をした後は日焼を避けること、普段から保湿をしっかりとすることで脱毛の効果や痛みの感じ方は違います。

また薬を飲んでいると痛みは増します。
薬の成分の中には光に対して過剰に反応してしまう成分が入っています。
この薬を服用したまま施術をすると火傷をしてしまいます。

やけどをした場合、患部を冷やしたタオルで冷やすことで痛みは落ち着きますが、普段から肌をケアしていないと火傷はひどく、跡になってしまう事があります。
その場合きちんと皮膚科へいってしっかり治療を行いましょう。
光脱毛以外にもレーザー脱毛という施術方法があります。
照射レベルが強いことから、医療機関しか取り扱っていませんが、毛乳頭まで光が届くので、痛みが感じやすいです。

・特にVIOなどの粘膜付近が強い痛みを感じてしまい、麻酔クリームをしないと耐えられないという人が多いです。
レーザー脱毛もしっかりと保湿をしないと光脱毛以上に痛みを感じてしまうかもしれません。
痛みを感じるほうが脱毛効果が高いという噂を耳にしたことがあるかもしれませんが、その情報は間違いです。
痛みのある脱毛は少なからず肌へ大きな負担となってしまいます。
そのまま我慢してやり続けると肌が傷ついたり色素沈着をしてしまう事もあるので気を付けましょう。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件